スポンサードリンク
   

カウンセリングルーム立ち上げの際に届け出は必要?



カウンセリングルームを立ち上げる際に、どこに何を届ければいいのか?

病院や飲食店、などは医療法や風営法に基づいて、役場への届けが必要ですが、カウンセリングルームについては特に問題とはなりません。


基本、役場に何も届けることなく開業できます。


ただ、この記事を読んでらっしゃる方は、カウンセラーと開業するのであれば、しっかりと法律に則ってやっていきたいという人だろうと思います。

その思い、とっても大切です。

法律を無視して開業した結果、あとで痛い目に見てしまう人は結構おられます。

ちなみに、どう痛い目を見るかというと、確定申告や税金関係です。

なので、カウンセリングルームを立ち上げる場合、税務署に「個人事業の開業届」を出す必要があります。

それだけで開業の下準備はOKなのですが、この届出を忘れると後で高い税金を払うことになったり、高額の税金を滞納すると警察に拘束されるなんてこともあり得ます。

ぜひ、カウンセリングルームを立ち上げる際は、税務署への届け出を忘れないようにしてくださいね。
できれば自分の住んでいる場所の管轄内の税務署が後のことを考えるといいでしょう。

わからなければ、税務署の職員に聞いてみましょう。
きっと丁寧に質問に答えてくれると思います。


    スポンサードリンク
   

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク