スポンサードリンク
   

臨床心理士取得後の独立開業のメリット・デメリット



臨床心理士は言わずもがな、昨今のカウンセラー資格の中で最も取得難易度が高く、また一番信頼性の高いものです。

そのため、大抵のクリニックや公的機関の心理職では「臨床心理士の取得」が絶対条件となっています。
(それでも就職はかなり困難ですが)

そういう臨床心理士ですが、取得後の独立開業はできるのでしょうか?

答えはNoです。

資格を取ったからと言ってすぐに開業ができるわけではありません。

メリットよりもデメリットの方が大きすぎます。

まずデメリットとしては、経験不足のため、クライエントとトラブルをたくさん起こすか、それともクライエントが全く来ない状態となり、結果としてカウンセリングルームを閉鎖してしまう可能性があります。

まず開業するからには、ある程度のカウンセリングの腕をしっかりと磨いておくこと、そのためには経験を積める場でしっかりとスキルアップをしておくことが大切です。

(ただ、研修や経験を積む場が他のカウンセラー資格と比べて格段に多いのが臨床心理士の特徴で、その分のメリットはかなり高いです。あくまでも開業する準備としてのメリットですが・・・)

また、マーケティングの腕をしっかりと磨いておくこと。

開業は雇われと違って、経営のノウハウが求められます。
しっかりと収入を確保するためのマーケティングのノウハウは必須です。

独立開業の大きなメリットは、自分のやりたいように自由に臨床活動ができることですが、そのためにはカウンセリングのいろはや基本をしっかりと学ぶ必要があります。

それは本や研修会だけは不十分で、やはり現場での経験が必要不可欠です。

それがなければ、開業してもすぐに廃業となってしまうでしょう。

ただ、上述のように臨床心理士は多くの臨床の機会に触れやすいというメリットがあるので、それを十分生かしたうえで、独立開業に臨むことが大切だと思います。


    スポンサードリンク
   

posted by たな at | カウンセラー開業のワナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク