スポンサードリンク
   

臨床心理士の大学院の選び方について



臨床心理士の大学・大学院の選び方ですが、学部はどこでも大丈夫です。極端な話、経済学部や数学部でも構いません。

ただ、大学院に関しては臨床心理士養成指定大学院を選ばなければいけません。
普通の心理学系の大学院に進んでも臨床心理士にはなれないので注意しましょう。

また、時間的に余裕がある人はしっかりと通学するタイプのところに行った方がいいでしょう。

というのも、特に大学院では通信制というだけで「この人はしっかりと研修を受けたのだろうか」という疑問を持たれてしまい、就職の時に足を引っ張ってしまう可能性があります。

大学であれば放送大学など、通信制でも大丈夫でしょう。

それで大学院の受験に影響することはありませんし、4年間も大学に通い続ける時間が持てないという人は働きながら通信での大卒を目指すということも可能です。

ただし、大学院であれば、しっかりと通ってそこで同じ臨床心理士を目指す友達を何人か作ることをお勧めします。

また大学の教授や先輩とも仲良くなっていくことです。

なぜなら、あなたが将来臨床心理士として社会に出たときに就職先を紹介してくれたり、勉強会を紹介してくれたりなど、大きな助けとなります。

なので、大学院はしっかりと通えるところを選びましょう。

また、大学院によっては就職に強いところや、就職に弱いところというのがあります。
大体、○○県臨床心理士会の本部になっているような大学院は就職にかなり強い傾向があります。

この辺りは何度も研究室訪問をして、調べておくことが必要です。

大学院は通学生であること、授業内容や専門分野、教授の質、就職の強さを考慮して念入りに選んでいくことが大切だといえます。


    スポンサードリンク
   

posted by たな at | 臨床心理士のなり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク