スポンサードリンク
   

臨床心理士指定大学院の上手な選び方



臨床心理士になるためには、臨床心理士指定大学院を修了することが条件です。

指定大学院は、専門職大学院、第1種指定大学院、第2種指定大学院があります。

それぞれ資格認定試験や大学院の合格率に大きく影響するので、それを踏まえて慎重に選ぶことが大切です。

専門職大学院のメリットはなんといっても認定試験の筆記試験の免除です。

これはかなり大きいメリットです。

資格試験はまずは10月に筆記試験を受けて、それに合格して11月に面接試験を受けて、それらをクリアして初めて取得できます。

場所は東京にありますが、遠方だと東京に2回も行かないといけません。
また面接で落ちても、また筆記試験からになるので、また2回東京まで行かないといけないの、住んでいる場所によってはかなり大きな負担が出ます。

そのため、専門職大学院での筆記試験の免除はかなりありがたいですね。
また修士論文ではなく、ケースレポートの提出だったり、カウンセリングのケースも多くこなせるので、臨床心理士の修行もかなり行えるようです。ただ、その分大学院の試験の難易度はかなり高いです。

第1種指定大学院は筆記試験を受けないといけませんが、受験資格の1年間の実務経験が免除されるというのが大きいところです。
つまり、卒業してその時の10月に試験を受けることができるので、大学院修了時に「取得見込」の職にも応募できるという強みがあります。

第2種指定大学院は筆記試験を受けないといけない上に、受験まで1年間の実務経験が必須となります。
ただ、そういう関係上1年間のアルバイトや嘱託など「資格が取れるまでのつなぎの仕事」を紹介してもらいやすいというメリットがあります。また、その分大学院には受かりやすいというのも強みです。

このように指定大学院によってメリット・デメリットがあるので、それをしっかりと考えて選ぶといいでしょう。

以上、大学院の選び方でした。

    スポンサードリンク
   

posted by たな at | 臨床心理士のなり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク