スポンサードリンク
   

メンタルが弱い人はカウンセラーに向いていない?



カウンセラーを目指している人の中で、「メンタルが弱い人はカウンセラーに向いているのか?」という質問があります。

答えとしてはイエスでありノーであり、中途半端な答えです。

ただ、メンタルが弱くても、カウンセラーになることは可能です。

試験を受けて通ればいいのですから。

ただ、カウンセラーとして働くのであれば、ある程度自身のメンタルケアは必須です。

少なくとも、嫌なことや苦しいことがあったとき、自分の力で乗り越えるだけのセルフ・メンタルケアの知識とスキルは必須でしょう。

そうでないと、メンタルをやられたままの状態でカウンセリングを行えば必ずクライエントを害してしまいますから。

そのためには、セルフカウンセリングとセルフメンタルケアはある程度できるようになっておく必要があります。

そのためにやるべきことは、教育分析を受けることです。

単純に自らカウンセリングを受けに行くこともいいでしょう。

自分の悩みを相談できるカウンセラーを身近においておくことも効果的です。

自身のメンタルケアおよび困ったときにどう対処すればいいのか実践的なスキルを身に着けることができるので、カウンセラーとして働く際にかなり有力な武器となります。

メンタルが弱い人がカウンセラーに向いていないとは一概には言えませんが、その弱さと上手に付き合える程度のメンタルケアのスキルを身に着けていくことが大切であるといえます。


    スポンサードリンク
   

posted by たな at | カウンセラーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク