スポンサードリンク
   

クライエントを確実に集める技術とは?



カウンセラー開業をしていくというこは、カウンセリングルームという会社を経営していくことです。

この経営の中で、一番必要なスキルの一つがクライエントを集める技術です。

実はこれが一番必要なのに、カウンセラーを目指す人の多くは、その技術がかけていることが非常に多いのです。

だから、クライエントが集まらず、結局はカウンセリングルームを廃業してしまうことになるのです。

これは本当に残念なことです。

ちなみに、多くのホームページやりがちなミスは、カウンセリングルームの紹介とカウンセリングの説明と、カウンセリングの料金をそのまま載せてしまうだけになることです。

基本、カウンセリングを受けたいと思っている人はほんのごくわずかです。
(ここ重要です)

しんどい時に、わざわざ自分と向き合うなんて苦しいことはしたくありません。
また、愚痴や相談であれば、友達や親しい人にすれば済む話です。

わざわざお金を払ってまで専門家のところにカウンセリングを受けるなんてことは、大勢の人はしないのです。
むしろ、「そんなお金があるんだったらもっと良いものに使おう」と思ってしまうのが人間ですし、スクールカウンセラーや病院などなど無料でカウンセリングが受けられるところはたくさんあります。

こうした敷居の低いところがたくさんあることを踏まえて、クライエントを集める技術が経営していく上で重要なのです。

では、何をセールスポイントとしていくか。

まずは、ターゲットを絞り、「こういう人は確実によくなりますよ」とアピールしていくことです

そのためには、クライエントはどう思っているのか。を考えないといけません。

うつ病やパニック障害で悩んでいる人は、まずは自分のしんどさを取り除く方法を探しているはずです。
またそれが職場の人間関係であれば、それを良くしていく方法を探しているはずです。

そこにしっかりと寄り添っていく。

こういう問題であれば、こういう方法がありますよ。
と、提案できるくらいのセールスができないと、話になりません。

「カウンセリング○○円」だけで、クライエントが来るのは、もうかなりビッグネームで本も数冊出しているような人だけです。

我々はそうでないので、まずは地道にターゲットを決めて、その人たちが少しでもより良い解決に導けるような方法を提案し、営業していくしかないのです。

まずは自身をもってターゲットを見つけましょう。

その上で、しっかりとクライエント目線でのセールスを展開していくことが、クライエントを確実に集める技術なのです。

    スポンサードリンク
   

posted by たな at | 顧客をつかむコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク