スポンサードリンク
   

開業カウンセラーが儲かるには裏の裏を読め



カウンセラーが開業してもクライエントをしっかりと得て儲けるためには、何といっても裏の裏を読むセンス!!

特に利益率を考えるのは非常に大切なことです。

例えば、多くのカウンセリングルームでは、「電話相談1時間5000円」とかの料金設定をしています。

しかし、これって意外と利益率の低い料金設定の仕方なんです。

こういう1時間○○円という料金の決め方は、確かにカウンセリングの枠を守るためには必要なものですし、実際それで年収1000万越えの人もおられます。

ただ、このやり方だとクライエントとしては

@カウンセリングルームに予約して、
Aカウンセリングの後にお金を払う・・・

という段取りをする必要があります。

また、行くたびにお金のことを考えないといけません。

人間って段取りが増えてくると、それだけで億劫になってしまう生き物なんです。

なので、たった2つの行程で心理的に面倒くさくなって「まあいいかな?」と思ってしまい、集客にはつながらず、利益率も下がってしまうということになります。

そこで、例えばカウンセリングルームをチケット制や月○○円の回数無制限にしてしまうという手があります。

そうなると、クライエントはお金を払うという過程がなくなり、

@予約してカウンセリングするだけ・・・

とかなりシンプルになります。

要するにクライエント側にとって、面倒くさいと思えるようなものを排除していくことにこそ、カウンセリングで儲かるヒントが隠されているのです。

これは、スポーツジムが集客を確実にするために、「月○○円でいくらでも使えます」と言っていることと同じことですね。

わざわざ行くたびにお金を払うくらいなら、最初にお金を払って、あとは好きなだけ行く方が、消費者心理としては楽なはずです。

こういうマーケティング的な視点が儲かるためには必要なんだと思います。

    スポンサードリンク
   

posted by たな at | 顧客をつかむコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク