スポンサードリンク
   

カウンセラーの開業資金を再考する



カウンセラーとして開業していくためには、果たして開業資金がいくら必要なのでしょう?

パソコンや携帯電話がない時代では、カウンセリングルームを開業するのに、部屋代や維持費などで、100万〜200万は必要でした。

ただ、それは本業として開業する場合で、副業としてであれば自分の家や安いマンションを使えば、部屋代が5万以下で抑えられるので、一年くらいであれば50万ほどで十分かと思います。

また、パソコンや携帯がある昨今では、そのままメールやスカイプのカウンセリングをすることができるため、開業資金は0円で運営することも可能です。

まあ、ホームページを作る必要があるので、ビルダーを購入したり、メルアドの取得を考えれば出費が必要ですが、それでも10万くらいで行うことはできるでしょう。

そうなると、カウンセリングルームを開業するにあたって、今ではほとんど開業資金が0円で運営することができるということです。

ただ、カウンセラーは労力のわりに儲からない仕事であることをお忘れなく。

お金儲けで運営してもまずクライエントは来ません。

純粋に、クライエントの役に立ちたい・・・それでカウンセリング料金をありがたく頂戴させていただいている。

そんな風に考えて臨床を続けていく姿勢が必要だということです。

ローリスクで開業できるからこそ、ローリターンなのです。

ハイリターンを求めてカウンセリングを開業しても、間違いなくあなたの心が病んでいくだけです。

ただ、カウンセラーはこの世に必要な資格でしょう。

その人の心にしっかりと向き合える人が少しでもいたら、必ず世の中は良い方向に変わるはずです。

だから、私はカウンセラーを開業していくことに反対はしません。

もっと言えば、相手のことを真剣に考えられる良いカウンセラーがたくさん生まれることを祈っています。

このブログを読んで、開業しようとするあなたがそんなカウンセラーで居続けられるよう心から応援していますよ。


    スポンサードリンク
   

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク