スポンサードリンク
   

カウンセラーの開業資金を再考する



カウンセラーとして開業していくためには、果たして開業資金がいくら必要なのでしょう?

パソコンや携帯電話がない時代では、カウンセリングルームを開業するのに、部屋代や維持費などで、100万〜200万は必要でした。

ただ、それは本業として開業する場合で、副業としてであれば自分の家や安いマンションを使えば、部屋代が5万以下で抑えられるので、一年くらいであれば50万ほどで十分かと思います。

また、パソコンや携帯がある昨今では、そのままメールやスカイプのカウンセリングをすることができるため、開業資金は0円で運営することも可能です。

まあ、ホームページを作る必要があるので、ビルダーを購入したり、メルアドの取得を考えれば出費が必要ですが、それでも10万くらいで行うことはできるでしょう。

そうなると、カウンセリングルームを開業するにあたって、今ではほとんど開業資金が0円で運営することができるということです。

ただ、カウンセラーは労力のわりに儲からない仕事であることをお忘れなく。

お金儲けで運営してもまずクライエントは来ません。

純粋に、クライエントの役に立ちたい・・・それでカウンセリング料金をありがたく頂戴させていただいている。

そんな風に考えて臨床を続けていく姿勢が必要だということです。

ローリスクで開業できるからこそ、ローリターンなのです。

ハイリターンを求めてカウンセリングを開業しても、間違いなくあなたの心が病んでいくだけです。

ただ、カウンセラーはこの世に必要な資格でしょう。

その人の心にしっかりと向き合える人が少しでもいたら、必ず世の中は良い方向に変わるはずです。

だから、私はカウンセラーを開業していくことに反対はしません。

もっと言えば、相手のことを真剣に考えられる良いカウンセラーがたくさん生まれることを祈っています。

このブログを読んで、開業しようとするあなたがそんなカウンセラーで居続けられるよう心から応援していますよ。

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリングルーム立ち上げの際に届け出は必要?



カウンセリングルームを立ち上げる際に、どこに何を届ければいいのか?

病院や飲食店、などは医療法や風営法に基づいて、役場への届けが必要ですが、カウンセリングルームについては特に問題とはなりません。


基本、役場に何も届けることなく開業できます。


ただ、この記事を読んでらっしゃる方は、カウンセラーと開業するのであれば、しっかりと法律に則ってやっていきたいという人だろうと思います。

その思い、とっても大切です。

法律を無視して開業した結果、あとで痛い目に見てしまう人は結構おられます。

ちなみに、どう痛い目を見るかというと、確定申告や税金関係です。

なので、カウンセリングルームを立ち上げる場合、税務署に「個人事業の開業届」を出す必要があります。

それだけで開業の下準備はOKなのですが、この届出を忘れると後で高い税金を払うことになったり、高額の税金を滞納すると警察に拘束されるなんてこともあり得ます。

ぜひ、カウンセリングルームを立ち上げる際は、税務署への届け出を忘れないようにしてくださいね。
できれば自分の住んでいる場所の管轄内の税務署が後のことを考えるといいでしょう。

わからなければ、税務署の職員に聞いてみましょう。
きっと丁寧に質問に答えてくれると思います。

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告について―経理の知識は必須


開業カウンセラーをしていく上で、どうしても通れないのが確定申告です。

ちなみに開業になるので、確定申告は青色になります。

青色確定申告では、自営業とみなされるので、収入や支出を全部書いておかないといけません。

そのため、税理士に相談していくことが大切ですが、それだけでは不十分です。

税理や収入・支出など、経理に関する知識を持っておくといいでしょう。

そのためには、簿記の知識が必須です。

簿記に関する経理の知識やスキルを身に着けるためには、簿記に関する資格
を勉強して取得するのが早道です。



最低、簿記3級を取得するといいでしょう。

できれば簿記2級まで行けば、経理に関する知識は大体身に着けることができます。

ここまで知識を持てば、開業する際にどういう仕組みでお金が流れていき、どうすれば税金対策もできるのかを考えていくことができるようになります。

その上で税理士の先生に最終チェックをしてもらいましょう。

ここまでくれば確定申告も怖くありません。

税理士に依頼する費用も最低限で済みます。

カウンセラー開業していく上で一番怖いのは確定申告で「申告漏れ」があった場合です。
かなりの税金がプラスされてしまい、それだけで廃業になってしまうリスクがあります。

だからこそ、簿記を学んで経理に関する知識を身に着けていくことで、経営をスムーズにできるようにしていきましょう。

カウンセラーとして開業していくためには、カウンセリング以外の幅広い知識が必要なのです。
posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリングルームの立ち上げについて



カウンセリングルームの立ち上げについてですが、そのために必要なのはなんといっても準備です。

何を準備すればいいかというと、まずはパソコンや電話など、最低限のネット環境は作りましょう。

パソコンはホームページ作成の他、メールもできますし、ネット予約もできるので、まずは一番最初に用意しておきたいものです。

最悪カウンセリングルームがなくても、スカイプカウンセリングやメールカウンセリングができますからね。

パソコンは立ち上げる際にはぜひとも用意しておきたいものです。

後は電話を置いておけば、電話カウンセリングが可能です。
場合、スマホや携帯電話はダメかというのがありますが、携帯電話は日常のプライベートがかなり侵害されてしまいます。最悪夜中でもクライエントから電話がかかってくる場合があるので、よほど覚悟がない限りはしないほうがいいです。

やはり固定電話の方がいいでしょう。

それから、立ち上げの際に、ルームを作るのであれば、机と椅子ですね。

好みによりますが、机は少し低めのものと、それからソファーが理想的ですね。

公共機関では、机が事務机であったり、椅子が固い事務用のものであることも多いのですが、やはり開業するのであれば、そうしたところとは差を置きたいところです。

クライエントが座った瞬間にリラックスできるような、温かみのあるものを選びましょう。

あとはエアコンとか、ヒーターとか。

カウンセリングルームで必要なのは、来ていただいたクライエントが少しでもリラックスして落ち着いて過ごせるように配慮していくこと。

椅子や机はもちろんのこと、飾りつけにもそうした配慮をしていくことです。
ケバケバしくもなく、簡素すぎもなく。

もし、自信がなければ親しい人に見てもらって、アドバイスを求めるのもいいでしょう。

理想的なカウンセリングルームのポイントは、「クライエントが落ち着くかどうか」です。

もし、カウンセリングルームを立ち上げるのであれば、クライエントが落ち着いて過ごせる空間かどうかをまずは考えて作っていくことが大切です。
posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出費を抑えてカウンセラー開業をする方法を公開



カウンセラーのなり方はいたって簡単です。

まずはカウンセラーの資格を取得して、
カウンセラーとして開業をすれば、
簡単にカウンセラーになることができます。

その前にカウンセラーの資格がない人は
下記をご参照ください。

無料で資料請求できますので、
まずはそこからカウンセラーの資格を
目指しましょう♪



ただ、カウンセラーを開業をしたいというものの、
開業資金を考えると二の足を考えてしまいます。

例えばルームを構えるマンションの賃料や
椅子や机といった設備代や
パソコン代、ネット回線や電話代など
開業資金はかなり大きいです。

30万くらいはかかると思います。

ビジネスとしても開業資金を含め
出費を抑えるのは基本です。

なので、できるだけ出費を抑えた形で
カウンセラーとして開業したいと思うのが人情です。

では、どうすればいいのでしょう?

一番はネットカウンセラーとして、
メールカウンセリング、電話カウンセリング、
スカイプカウンセリングをを行うという手です。

が、できれば対面のカウンセリングを行いたいという
人もいるでしょう。

そういう人は出張カウンセリングとして、
喫茶店やホテルのロビーでカウンセリングを行う
という人もいます。

これも一つの方法ですし、
出費を極力抑えた形で開業ができるため、
上記の形式を使っている人もいます。

ただ、出張カウンセリングでは
どうしても周りに人がいるため、
深いカウンセリングはできないという
デメリットがあります。

そこで、とっておきの方法をご紹介します。

それは貸し会議室を使うという手です。

貸し会議室では、場所によっては、
午後1時〜5時までで4時間で3000円ほどで
借りることが可能です。

1時間6000円ほどのカウンセリング料金だとしても、
3000円の儲けが出ます。

ただし、営業利用、つまり儲けがでるような場合は、
追加料金を取るような場所もあるので、
事前に確認を取ることが必要です。

「住んでいる市内+貸し会議室」で検索してみましょう。

マンションの賃料などのリスクを考えると、
かなり出費を抑えた形でカウンセリングを
行うことが可能です。

ただ、当日キャンセルもあり得るので、
そのリスクを避けるのであれば、
事前にお金を振り込んで、キャンセル料を取るような
形式にすればいいです。

なるべく出費を抑えて開業をして、
費用対効果を考えて展開していくこと。

これはどんなビジネスで共通することですね。
posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副業としてカウンセラー開業する


開業するためのもう一つの視点として、
「副業としてカウンセラーを開業する」
という方法もあります。

特に仕事をすでに持っていて、
そちらの方で生活に余裕があるのであれば、
副業としてカウンセラーになった方が
良い場合もあります。

家族持ちであればなおさらです。

例えば、平日は働いて、
土日だけカウンセラーとして
働くというようなやり方です。

特にネットやメールカウンセリングであれば、
ルームを作る必要はないので、
空いた時間を作って自由に
カウンセリングを行うことが可能です。

さすがに本業でカウンセリングをするとなると、
かなりのリスクが飛びます。

例えば、収入がもしなければ、
多額の借金を作り、家族を路頭に
迷わせる結果となります。

さらにもし開業に失敗したとあれば、
そこから次の会社で正社員として
働くことはまあ難しいでしょう。

そうしたリスクを無視して
脱さらしてカウンセラーになるよりかは、
副業として安全圏を歩みながら
カウンセリング活動を行っていく
という手段もあるのです。


ただ、副業になると、
「まあ本業があるから・・・」と
ちょっと力が抜いてしまうという
可能性も否めません。

ボランティアと商売の中間のような
意識になってしまうケースもあります。

そうした、中途半端さが無理だという人は、
どうぞ本業でカウンセリングを
考えられてもいいでしょう。

その場合、リスクが当然付きまとうので、
それを覚悟の上で進む意志が必要です。

また、副業から波に乗ってきたら本業として・・・
というパターンも十分あります。

なので、リスクマネジメントの視点でいえば、
本業にしてくことを目標にして、
副業としてスタートして、
しっかりと軌道に乗せることを
目的に進まれてもいいだろうと思います。


この辺りはその人の特徴というか
性格にもよりますので、
どうぞ自分に合ったやり方で
開業していくことが大切です。

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリングルーム経営に必要な費用


カウンセリングルームの開業は簡単です。

しかし、経営となると話は別です。


経営を維持するためには、
維持できるだけの収入を得ないといけません。



例えばルーム代が6万とします。

それから光熱費が月1万程度。

そしてネット代などの維持費が2万円。

だいたいこれだけで9万円です。

となると、月9万が経営の維持に
必要な費用ということになります。



そしてあなた自身の生活費となると、
大体40万〜50万。


となると、カウンセリングルームを維持するためには
最低50万〜60万円ほどを稼がないと
いけないということになります。


ただ、これだけだとトントンになってしまうため、
もうプラスして10万ほど儲けたいところです。

これくらいあれば、普通の生活を
維持しつつ経営することは可能です。


さて、となると
「カウンセリングで月70万を
稼ぎ出すことはできるのかどうか」
ということですが、
結論を言えば、まあ難しいです。

なので、多くの方は副業として
カウンセリングルームを
経営していることがほとんですし、

開業している方も
別に副業を持っていて、
それで利益を得ていることが多いです。


カウンセリングの料金を
一人8千円くらいにすると、
70万儲けようと思えば、
月に90件の家運セリグが必要となります。

週2回休むとして、20日だと
一日4〜5件のカウンセリングをしないといけません。


まあ、無理です。

プロのカウンセラーでも
時々一日6〜7件入ることはあるのですが、
一般には3件入れば十分な感じです。


なので、もし開業を考えている人は、
ルームを経営していくための
必要諸経費がどれくらい入るかを考えないといけません。


その上で副業としてするのか、
本業として開業するのかを考えていくことが必要でしょう。



posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリング開業するときに必要な届け出


カウンセリングルームを開業する際に、
最初にしないといけないことがあります。

それは「届け出」です。

しかし、どこにどんな書類を届けたらいいでしょうか。


ちなみに医師が開業する場合は、
医師会や医局への届け出をすることもありますが、
カウンセラーの場合はそうした届け出は必要ありません。


極端な話、カウンセラーの資格を取って、
カウンセリングルームを開業しても
法的に罰せられることはありません。


カウンセラーとして開業する場合は、
税務局に「開業しました」という届け出を出せばOKです。


なので、まずは税務局に行って
「開業」のための申請書類をもらって、
それを提出しましょう


それだけで開業はできます。

あとはカウンセリングルームの場所を見定めて、
ルームをオープンするだけです。

開業に必要な書類や届け出というのは、
実はほとんどなく、所得税に関する書類を
税務局に出すだけでOKなのです。

ちなみに、開業するので、
確定申告は「自営業」の青色になります。

届け出はこれだけなので、
開業するだけなら簡単に誰でもできるのです。

極端な話、
心理カウンセラーに関する国家資格はないので、
資格なしで名乗ることはできますからね。

このブログを読まれている方でも、
明日からすぐにカウンセリングルームを
開業することはできます。


ただ、開業できるのと、
経営できるのとは話が別です。


ここからは本当に地道な努力と、
下準備、そしてセンスと運が必要になります。

なので、書類の届け出は簡単にできますが、
やはり開業するまでの間、
しっかりと下準備をしておくことをお勧めします。

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリングルームの開業資金はどれくらい?


一般に「会社を起こす」「自営業を作る」となると、
店や事務所を用意したり、宣伝・広告費など、
莫大な資金が必要となります。

特に医者やエステなどでは、
医療器具や専門的な道具も必要となり、
譲ってもらえない限り、かなりの費用が出ます。


では、カウンセリングルームを
開業する時の資金はどれくらいかというと、
他の商売と比べて、開業資金はうんと安く抑えることができます。


まあ、カウンセリングルームの部屋代と机と椅子、
あとは部屋の中に置きたい飾り物、
それからパソコンくらいでしょう。

パソコンも今なら10万以内での購入もできるので、
部屋代もそれほど高くなくていいのであれば、
まあ開業資金は机代も入れると、20万くらいでしょうか。

ただ、もっと安く抑えることも可能です。

例えば、カウンセリングルームを持たず、
スカイプや電話、メールでのカウンセリングを
メインにするというやり方です。

このやり方だと、
新しくルームを持つ必要がないため、
さらにパソコン一つ、電話一つで
さらに安価に開業を行うことができます

ここで開業資金をためつつ、
30万ほどたまった段階で
カウンセリングルーム開業に踏み切るという手もあるのです。


ただ、開業する場合は
せめて半年以上はルームの家賃をあると良いでしょう。

なので6万の家賃だと、
36万くらいは手元にあった方が良いです。

まあ、経営のコツはどれだけ出費を抑えるかです。

カウンセリングルームの開業はその意味でいえば、
比較的安く開業資金を抑えることができますし、
企業に良くある「銀行に借り入れをして」というのもせずに済みます


これもカウンセラー開業の魅力の一つかもしれません。
posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリングで個人開業する方法


カウンセリングで個人開業する方法としては、
次のステップを踏みます。


@まずカウンセリングスクールなどで、
カウンセラーの資格を取る。


(といっても、何でもいいというよりかは
産業カウンセラーなど、メジャーな資格の方が良いです)


Aカウンセリングの経験を積む。


(傾聴ボランティアや
精神対話士が報酬をもらって行うカウンセリング、
命の電話など、一般の方でもカウンセリングの経験が詰めるところはたくさんあります。
そこで地道に経験を積んでください。)


Bカウンセリングの勉強をしっかりとやる。

(具体的には研修を受ける、
勉強会に参加する、
スーパーヴィジョンを受ける・・・など)

ここまでが個人開業するまでに必要なステップです。

方法というか、流れというか。

ただ、最低限、ここまでのステップを踏めないと、
まずいラーメン屋さんのように
開業してもすぐにつぶれてしまうことになります。

そして、

C税務署に開業届を出して、ルームをオープンさせる。


D集客


(ちなみに、駅前などの広告はほぼ効果はありません。
一番はパソコンのホームページを使ったネット広告です)

CDは実を言えば、簡単にできます。

ただ、@~Bが不十分だと、顧客が継続せず、
すぐに廃業に追い込まれてしまうでしょう。

ちなみに、カウンセリングの個人開業では、
Dの集客がとても大切です。

そのために、ネットに知識やSEOなど
ネット広告のノウハウを持っておくことが大切だといえます。

他の企業のように、取引先との信頼関係で儲けることはできませんから。


以上が大まかな流れです。


一見すると簡単に見えますが、
しかしとても難しいです。

だからこそ、上記の流れの一つ一つをしっかりと理解し、
しっかりと実践できるよう常に勉強していくことが大切だといえます。

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク