スポンサードリンク
   

産業カウンセラーの実技試験の難易度は?


産業カウンセラーはずいぶん前からあるカウンセラー資格の一つです。

臨床心理士と同じくらいの歴史があります。

大体、企業の管理職や営業職の人が取得することが多いですね。

産業カウンセラーの資格は心理系やカウンセリング専攻の大学を卒業すればそのまま受験できますが、そうでない場合は養成講座を受講するのが条件となります。

その後で試験を受けるのですが、筆記試験に合格した後で、実技試験を受けることになります。

なお筆記試験の難易度は臨床心理士試験と比べればかなり低く、実技試験も傾聴や基本的なテクニック(うなずきや要約、繰り返しなど)に気を付けていれば簡単にクリアができます。

筆記試験はマークシートですので、まずは産業カウンセラー試験の教科書を何度も熟読しましょう。
結構簡単に合格することが可能です。

問題は実技試験ですが、これもカウンセリングのDVDを見て、繰り返し練習することが大切です。

誰か周りの人に練習台になってもらいましょう。

基本、産業カウンセラーは難易度の高い資格ではありません。
臨床心理士や学校心理士の方がはるかに取得難易度は高いです。

高卒での取得も可能ですので、主婦や会社員の方も目指していくといいでしょう。

ちなみに、産業カウンセラーを取得されて開業されている方は結構多いです♪

知名度や取得難易度を考えると、開業を目指す上では一番取っておきたいカウンセラー資格の一つだと思います。
posted by たな at | カウンセリングに関する資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイルドカウンセラーで独立開業を目指す



チャイルドカウンセラー資格は独立開業に有利な資格の一つです。

この資格の取得難易度は臨床心理士ほど高くはありません。

そうですね、メンタルケア心理士や精神対話士くらいでしょうか。

ちなみに、高卒でも資格の取得が可能です。

なので、会社や主婦などで忙しい時間の合間を縫って取得に励むといいですね。

ただ、この資格のデメリットとしては、カウンセラーとしての仕事に就くことがないということです。
大抵、カウンセリングの仕事に就こうとすれば、臨床心理士や臨床発達心理士といった資格が必要で、それらは大学院修了が必須の難易度の高いものです。

まあ、この辺りはチャイルドカウンセラーだけでなく、多くの民間カウンセリング資格の欠点でもあります。

ただ、例えば、チャイルドカウンセラーの資格を取得した後、保育所や学童保育のボランティアを行い、その中でお母さんたちや子供たちの相談を請け負いながら、経験を積んでいくことは可能です。

その上で、チャイルドカウンセラーとして開業していくプランを立てるといいでしょう。

また、チャイルドカウンセラーの他に教育免許や保育士など、子どもと関わる資格も持っているとさらにいいですよ。
それから子育ての経験もあるとなおいいです。

そういう意味ではチャイルドカウンセラーは女性向けの資格であるといえます。

難易度はそれだけ高くはないので、ぜひ挑戦してみては以下化がでしょうか?



チャイルドカウンセラーの資料請求・申し込みはこちら


posted by たな at | カウンセリングに関する資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセリング資格の取得条件とは?


心理カウンセラーの資格には取得条件がいるのか?

結論を言えば、イエスでありノーです。

例えば、臨床心理士や学校心理士、臨床発達心理士などは現在では大学院取得が条件です。

また、最近国家資格として話題になっている公認心理師は心理系の大学の卒業が必須条件です。

おそらく、これらは放送大学などで、通信で取得できる可能性があるので、そちらを活用するのも手でしょう。

ただ、民間のカウンセラー資格、例えば産業カウンセラーを初めとして、キャリアカレッジジャパン
などでは、高卒での資格取得が可能です。



極端な話、中卒でも取得条件は満たしています。

ただ、中卒の場合は、よほどネームバリューがない限りは開業してもすぐにとん挫してしまうでしょう。

やはり、「こういう大学に出ていますよ」というキャリアを出していくことが必要です。

なので、通信でもいいので、できれば大学まで卒業していくことがカウンセラーとして開業していくための必須条件であるといえます。

取得条件自体はそれほど難しくないのですが、カウンセラーとして活躍する条件としてはやはり大卒以上は欲しいものです。

カウンセラーは人を癒すだけの仕事ではありません。
悩んでいる人・苦しんでいる人をしっかりと支えていく仕事です。

世の中、学歴だけが全てとは言いませんが、学歴は「あなたがしっかりといろんなことを学んできましたよ」と相手に伝えるためには必要です。そのための条件として大卒が必要だと思います。

どうぞ、そうした見方を持って、カウンセリングの資格を取得していきましょう。

posted by たな at | カウンセラーの資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告について―経理の知識は必須


開業カウンセラーをしていく上で、どうしても通れないのが確定申告です。

ちなみに開業になるので、確定申告は青色になります。

青色確定申告では、自営業とみなされるので、収入や支出を全部書いておかないといけません。

そのため、税理士に相談していくことが大切ですが、それだけでは不十分です。

税理や収入・支出など、経理に関する知識を持っておくといいでしょう。

そのためには、簿記の知識が必須です。

簿記に関する経理の知識やスキルを身に着けるためには、簿記に関する資格
を勉強して取得するのが早道です。



最低、簿記3級を取得するといいでしょう。

できれば簿記2級まで行けば、経理に関する知識は大体身に着けることができます。

ここまで知識を持てば、開業する際にどういう仕組みでお金が流れていき、どうすれば税金対策もできるのかを考えていくことができるようになります。

その上で税理士の先生に最終チェックをしてもらいましょう。

ここまでくれば確定申告も怖くありません。

税理士に依頼する費用も最低限で済みます。

カウンセラー開業していく上で一番怖いのは確定申告で「申告漏れ」があった場合です。
かなりの税金がプラスされてしまい、それだけで廃業になってしまうリスクがあります。

だからこそ、簿記を学んで経理に関する知識を身に着けていくことで、経営をスムーズにできるようにしていきましょう。

カウンセラーとして開業していくためには、カウンセリング以外の幅広い知識が必要なのです。
posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーの資格は独学で取得できるのか?


カウンセラーを開業していく上で、一番必要なのはなんといっても資格です。

開業しようと夢見て、カウンセラー資格の取得を目指している方はたくさんおられます。

ただ、ここでやってはいけないのが一つ。

それは独学で取得しようとしないことです。

通信講座では独学で取得できる講座はたくさんあります。

キャリアカレッジジャパン
とかでは通信講座で半年ほどで取得が可能です。



ただ、資格を取得しただけでは、カウンセラーとして開業していくのは非常に困難です。

話を聴けばいい・・・だけでは多種多様なクライエントとお会いしていくことは不可能でしょう。

実際にカウンセリングとして活躍されている方の勉強会や研究会に参加していくことが必要不可欠です。

その中で、カウンセリングのスキルや多様な知識を深めていき、精神疾患や学校教育の問題、恋愛、DV、虐待、法律が関わる相談など、多種多様な方に対してしっかりと支援していくことが大切です。

それからクライエントの耳にはしっかりと傾けること。

クライエントはカウンセラーの一番大切な師匠です。


中途半端な知識で、クライエントに中途半端に口をはさんで結局彼らを害するようなことは絶対にあってはなりません。


しっかりと耳を傾け、クライエントから教わっていく姿勢がとても大切なのです。

結局のところ、独学でも資格は取得は可能ですが、開業カウンセラーとしてしっかりとクライエントと関わっていくためには、独学では不可能です。

また、弁護士や教師、医師やケースワーカーのようにしっかりと教育サポートをしてくれる団体はカウンセラーにはありません。(カウンセラー以外の職能団体は、しっかりと師弟関係を結び、教育をしてくれる場所が十分あるのです)

結局のところ、一人で一生懸命勉強し、研鑽を積んでいくしかないのです。

特に開業カウンセラーは独学で頑張るしかないのが現状ですあせあせ(飛び散る汗)

だからこそ、良き師を見つけ、カウンセラー仲間と出会い、日々研鑽していきましょう。

それがあなたが将来カウンセラーとして活躍していくための大切な礎となるのです。

posted by たな at | カウンセラーの資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク